Work contents / 業務内容


 

◉業務内容:

メインフィールドは「水辺」「公園」「都市周辺の自然」です。

 

◎「自然とくらしをつなげる」

人のくらしと密接に繋がっていたはずの自然。いつからかとても遠い存在になっていてしまったように感じます。それらをつなげる事に全力をつくします。

*自然体験、観察会、自然関連イベントの企画・実施・講師派遣
*自然環境や公園の利用実態、実験等調査業務
*地域生物を中心にした生物展示
*自然素材利用制作物、自然環境啓蒙商品の販売

 

◎「自然と未来をつなげる」

あたりまえにあると思われていた足もとの自然。そのままの姿で未来へ伝えることが難しい世の中になってしまいました。外来生物問題、自然環境の荒廃に真っ正面から立ち向かいます。

*外来生物の駆除、調査、活用

*自然環境の保全、生物調査

*ビオトープの管理や施行の際のアドバイス

 

◎「自然とこどもたちをつなげる」

未来の自然環境をよりすばらしいものにするためには、今を生きるこどもたちと自然をしっかり繋げていく必要があります。ほんの小さな発見でもこどもたちにとっては大きな一歩。身近な自然の中にこそ、とても大切な気づきがかくれているものと信じています。

*自然環境学習の企画・運営・講師派遣

*自然素材クラフト工作(遊びながら自然を感じる)

*こども&親子向け自然関連情報の提供


instance / 実例


◎都市公園での外来生物駆除(神奈川県S公園)

 →ミシシッピアカミミガメの駆除:ミドリガメの相性で売られているカメ。購入時はとても可愛らしいカメですが、どんどん大きくなり最終的には男性の靴より大きく成長します。こうしたカメが公園の池に捨てられ、在来生物に大きな影響を及ぼしています。

神奈川県内にある公園管理者より、トンボ再生のためのアカミミガメ駆除の依頼を受け、半年でのべ200個体ほど捕獲しました。


◎理科実験教室 夏の宿泊自然学習三浦半島「磯の生物編」の講師&運営補助(神奈川県横浜市)

→理科実験教室キッズアースの宿泊イベントアースユニット三浦半島「磯の生物編」の講師&運営補助。採集は、短時間でしたが、磯の定番の魚「アゴハゼ」や「イソガニ」「ホンヤドカリ」「ウミウシの仲間」など、たくさんの生き物を捕まえました。その後、生物を室内に持ち込み、「生物の色と環境の関係」を学習。ノートにしっかりまとめて、考察までします。これで終わりではなく、翌日にはなんとプレゼンテーションまでするのです。大人も顔負けの研修のようなプログラムですがこどもたちは楽しそう!これならば自然観察力だけでなく、伝える力までしっかり身につきそうですね。

 

キッズアースの詳しい情報はこちら

http://kids-earth.com


◎豊洲運河の生物観察会(東京都江東区)

 →「豊洲」は東京湾岸の新しいベッドタウンとして整備され高層マンションが多いことで有名です。そんなオシャレな街を流れる「豊洲運河」。一見すると自然とはほど遠い環境にも見られがちですが、実はたくさんの生物が棲んでいます。地元の方を中心に「オシャレな街にふさわしくオシャレな自然観察を」との依頼を受け実施。午前の参加者は20代女性、午後は地元の方からファミリーまで実に多彩な方々に参加していただきました。最後にはカフェでふりかえりを実施、「竿を使わない魚釣り体験」「イソギンチャクの観察」「カキの採集」などを実施したおかげで豊洲運河の生き物の豊かさを実感していただけたようでした。

 

詳しくはこちら

鈴木あやこ web site

*午前の部

http://www.suzukiayako.com/archives/52119365.html

 

*午後の部

http://www.suzukiayako.com/archives/52119375.html